不眠障害の特徴と診断基準

不眠障害

不眠障害の特徴

原因

周囲の環境やストレスなど

発症時期

年齢を問わず発症する可能性がある

有効とされる主な療法

薬物療法

不眠障害の特徴と診断基準

基準A

睡眠の質または量の不満に関する顕著な訴えがあり、加えて、以下の症状のうち1つ以上を伴っている。

1.入眠困難

2.中途覚醒が睡眠中に何度もあったり、覚醒後に再び眠ることが出来なかったりする。

3.早朝覚醒

基準B

各種睡眠に関する問題によって、苦痛を感じたり、日常生活・社会的活動に支障をきたしている。

基準C

各種睡眠に関する問題は、少なくとも1週間に3夜以上発生する。

基準D

各種睡眠に関する問題は、少なくとも3ヶ月以上持続している。

基準E

各種睡眠に関する問題は、適切な睡眠の機会があるにも関わらず発生する。

基準F

各種睡眠に関する問題は、他の睡眠-覚醒障害群の疾患によるものでは説明できない。

基準H

各種症状の発症原因が他の身体疾患・精神疾患では説明できない。

睡眠障害(すいみんしょうがい、Sleep disorder)とは、人や動物における睡眠の規則における医学的な障害である。一部の睡眠障害は、正常な身体、精神、社会や感情の機能を妨げるほど深刻となる。長期的に持続し、著しい苦痛や機能の障害を伴っているものが精神障害と診断される[1][2]。一部の睡眠障害においては、睡眠ポリグラフ検査が指示される。

長期的に持続し、著しい苦痛や機能の障害を伴っているものは、精神疾患と診断される場合もある[3]。明らかな原因が判明せず、入眠や睡眠持続が難しい場合には、不眠症とみなされる[4]。不眠症には、睡眠の維持の問題や、疲労感、注意力の減少、不快感といった症状が長期間にわたるという特徴がある。不眠症の診断のためには、これらの症状が4週間以上続いている必要がある。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版(DSM-IV)は原発性不眠、身体や精神の障害に伴う不眠症、物質(薬物)の消費や乱用に伴う不眠症に分類している。不眠症を有する人は、しばしば不安や抑うつの進行につながるため健康へのよくない影響についての懸念がある[5]

さらに睡眠障害は、過度に眠る過眠症として知られる状態を起こすことがある。精神、身体、あるいは薬物の乱用による二次性の睡眠障害の管理には、その基礎疾患に焦点を当てる必要がある。

引用元:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です