マイバスケットのすすめ★レジで迷惑?清算カゴと同じならよい。

スーパーマーケットで使う「マイバスケット」は賛否両論ですが、トータルで考えると合理的なので、おすすめしたいと考え記事を書いています。

唯一ご指摘を受ける点は「マイバスケットだと詰めるのに時間がかかるので後に並んでいる人に迷惑。」ということ。

それから、レジ担当者からも「嫌だ」という声もあります。

一方では、「清算カゴへも丁寧に詰めているので手間は変わらない」というレジ担当の方もいらっしゃいます。

マイバスケットは多くのスーパーで推奨されていますし、スーパーでもマイバスケットが販売されています。

私は生協で購入したマイバスケットを使っています。

値段は300円でした。

生協ではレジ袋削減取り組みをしていて、マイバスケットは2000年から販売を開始し、

年間4,000~5,000個売れているそうです。

それでは、実際にマイバスケットを使っての買い物の流れをご紹介します。

空のバスケットを2個車に積んでいます。

マイバスケットin車

スーパーに到着し、駐車場からエレベータで売り場に向かうと、

注意

こんな注意書きが書いてありました。マイバスケットは大丈夫です。

売り場に着いたら、お店のカゴの下にマイバスケットをセットして買い物をします。

買い物前

買うものをカゴに詰めてレジに並びます。

レジの方も、人によってスピードや詰め方のセンスが異なりますので、早くてセンスの良い方のレジへ並びます。

レジ前

この方は、このお店でNo.1です。

スピーディーで詰め方が効率的。見ていても気持ち良くて安心です。

レジ中

詰め替え後です。

買い物後

量は変わりません。あふれそうです。

これを、このままカートで運び、車へ乗せます。

買い物帰り

軽いほうは奥、重いほうは手前です。(基本ですね。)

帰宅したら、このままキッチンへ。

キッチン到着

ここからは、各収納場所へ移動です。

カゴは空いたら、車へ戻します。

終了!

徒歩や自転車の場合は別ですが、車の場合はマイバスケットが効率的ですので、

おススメです!

清算かごに詰めたものを、その直後にすぐ隣のサッカー台で詰めなおすという事が、

とても非効率に感じます。

マイバスケット率が上がれば、サッカー台も減らせますし、清算カゴの移動作業も減ります。

トータルでメリットのほうが大きいです。

マイバスケットも安いですので、ぜひお試しください。

イオンにも売っています。

「お金をかけずに生活を豊かにする」をメインテーマにブログを書いていますが、

ポイントは『マメであること』と『時間を大切にすること』だと思っています。

また役に立ちそうなネタがありましたらアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です