胃潰瘍をシンプルに解説

胃潰瘍

胃は袋状の消化器官で、内部にある腺からペプシノーゲンと塩酸を分泌して主にタンパク質を分解しています。塩酸は弱酸性で食物を殺菌し、ペプシノーゲンは塩酸によってペプシンとなりタンパク質を分解する酵素になります。また胃は、塩酸から胃を保護する粘液が分泌され、それが粘膜となっています。しかし、ストレスなどでその粘膜が弱り、そぎ取られた状態を胃潰瘍といいます。

胃潰瘍
胃潰瘍
この写真には、胃の大きな潰瘍(矢印)が写っています。

Photo provided by David M.Martin, MD.

関連するトピック

消化性潰瘍

引用元:MSDマニュアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です