5つの神経伝達物質/アセチルコリン・ルノアドレナリン・ドーパミン・ギャバ・セロトニン

神経伝達物質の種類

神経伝達物質には、アセチルコリン・ルノアドレナリン・ドーパミン・ギャバ・セロトニンの5つの種類があります。

アセチルコリン

神経を興奮させる働きがあります。脳のほかに筋肉や心臓の神経にもある。アルツハイマー型認知症の患者では脳内のアセチルコリン濃度が低下していいる。

アセチルコリン英語AcetylcholineACh)は、副交感神経運動神経の末端から放出され、神経刺激を伝える神経伝達物質である。コリン酢酸エステル化合物。

引用元:ウィキペディア

ルノアドレナリン

神経を興奮させる神経伝達物質です。ストレスがルノアドレナリンの働きを高めます。

シナプス伝達の間にノルアドレナリン作動性ニューロンから放出される神経伝達物質や、副腎から血液に放出されるホルモンとして機能する。また、ストレス・ホルモンのうちの1つであり、注意衝動性 (impulsivity) が制御されている生物のの部分に影響する。アドレナリンと共に、この化合物は闘争あるいは逃避反応を生じさせて、心拍数を直接増加させるように交感神経系を動かし、脂肪からエネルギーを放出し、筋肉の素早さを増加させる。

ストレスの多い出来事によって動かされた多数の生理学的変化は青斑核と呼ばれる脳幹の神経核の活動で一部解き放たれる。この核は脳のほとんどのノルアドレナリン経路の起源である。 それらの神経伝達物質としてノルアドレナリンを使用するニューロンは両側性に、 他の投射中の大脳皮質への異なった経路に沿った青斑、辺縁系、および脊椎から投射する。

シナプスでは、それはアルファとベータ両方のアドレナリン受容体に影響する。

新しい知識長期記憶として貯蔵される際、ノルアドレナリンなどの脳内化学物質が必要になる[1]

引用元:ウィキペディア

ドーパミン

神経を興奮させ、快感と陶酔感を与えます。

ドーパミンdopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリンノルアドレナリン前駆体でもある。運動調節、ホルモン調節、の感情、意欲、学習などに関わる。セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と呼ぶ。またドーパミンは、ノルアドレナリン、アドレナリンと共にカテコール基をもつためカテコールアミンとも総称される。医学・医療分野では日本語表記をドパミンとしている[1]

統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)は基底核中脳辺縁系ニューロンのドーパミン過剰によって生じるという仮説がある。この仮説に基づき薬物療法で一定の成果を収めてきているが、一方で陰性症状には効果が無く、根本的病因としては仮説の域を出ていない。覚醒剤はドーパミン作動性に作用するため、中毒症状は統合失調症に類似する。強迫性障害トゥレット障害注意欠陥多動性障害 (ADHD) においてもドーパミン機能の異常が示唆されている。

一方、パーキンソン病では黒質線条体のドーパミン神経が減少し筋固縮、振戦、無動などの運動症状が起こる。また抗精神病薬などドーパミン遮断薬の副作用としてパーキンソン症候群が起こることがある。

中脳皮質系ドーパミン神経は、とくに前頭葉に分布するものが報酬系などに関与し、意欲、動機、学習などに重要な役割を担っていると言われている。新しい知識長期記憶として貯蔵される際、ドーパミンなどの脳内化学物質が必要になる[2]。陰性症状の強い統合失調症患者や、一部のうつ病では前頭葉を中心としてドーパミンD1の機能が低下しているという仮説がある。

下垂体漏斗系においてドーパミンはプロラクチンなどの分泌抑制因子として働く。そのためドーパミン作動薬は高プロラクチン血症の治療薬として使用され、逆にドーパミン遮断薬(抗精神病薬など)は副作用として高プロラクチン血症を誘発する。

ドーパミン部分作動薬のアリピプラゾール(エビリファイ)は低プロラクチン血症を誘発することが分かっており[3]、高プロラクチン血症の治療効果もある。その副作用として異常性欲性的倒錯があり[4]アメリカ食品医薬品局(FDA)は添付文書で黒枠の警告をしている[5]

引用元:ウィキペディア

ギャバ(γアミノ酪酸)

神経の働きを鎮めるアミノ酸です。アルコールはGABA受容体に影響を与えて不安を解消します。

グルタミン酸が基本的に興奮性の神経伝達物質であるのに対し、GABAは基本的に抑制性の神経伝達物質である。GABA作動性のニューロンとしては大脳基底核線条体からの投射ニューロン(中型有棘細胞)や、小脳のプルキンエ細胞などがある。

引用元:ウィキペディア

セトロニン

行動には抑制的に働くが、気分は興奮させる方向に働く。セトロニンが低下すると感情や食欲、性欲、睡眠の障害が出やすくなります。

セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。名称はserum(血清)とtone(トーン)に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた[6]ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。

引用元:ウィキペディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です