過敏性腸症候群/4つの病型分類

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、消化器系に大きな精神的ストレスがかかり、大腸及び小腸に引きおこる病気です。症状は主に便通の異常です。

対策としては、内臓神経が過敏となる原因が、ストレスと見られる場合は、その原因を明確にし、ストレスを軽減していくこと必要です。

4つの病型分類

過敏性腸症候群の症状のあらわれ方は「不安定型」「慢性下痢型」「分泌型」「ガス型」の4つに大きく分けられます。

不安定型

腹痛や腹部の違和感とともに下痢と便秘を数日毎交互に繰り返します。「交代制便通異常」ともいわれています。

慢性下痢型

少しでも緊張や不安があると便意をもよおし、激しい下痢の症状を引き起こします。「神経性下痢」ともいわれています。

分泌型

強い腹痛が続いた後に、大量の粘液が排出されます。

ガス型

過剰なストレスによって腸にガスがたまる症状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です