日本語教師の学習/統語論

統語論

統語構造

語の配列に関わる構文的な構造

それらについて研究する言語学の分野を「統語論」「構文論」という。

表面的には線条性を持った配列によって、音声化・文字化される。しかし、そのもの自体は抽象的なものである。

統語構造は単なる語の羅列ではない

統語構造に関する知識は文の理解において大きな役割を果たす。

文中の単語の知識がなくても、統語構造がその解釈を手助けしてくれる。

文法関係

文における構造的な働きに注目したそれぞれの関係

太郎が(主語)パンを(目的語)食べた(述語)

太郎に(主語)タイ語が(目的語)読めた(述語)

格関係

文法関係に応じた、名詞の形態的な表示に関わる概念

日本では「格」が格助詞によって明確に現れる。ガ格や二格の名詞句がどのような働きを持つかは、固定的ではなく、それぞれの文ごとに決まってくる。

※日本語教育では、格助詞が文構造を理解・表現するために不可欠な学習項目である。

文中での名詞句の形態的な表示に関わる概念

太郎が(主格)パンを(目的格)食べた(ー)

太郎に(与格・二格)タイ語が(主格・ガ格)読めた(ー)

言語の習得の過程

語⇒文⇒段落

初期の言語習得においては単語の知識が必要

単語を組み立てて文を作るようになる段階では統合的な知識が必要

さらに習得が進むと、文レベルの統合的な知識に加えて、文同士のの論理的な繋がりに関わる段落レベルの言語知識が重要

言語構造の複雑さ

語⇒文1(短文)⇒文2(複文)⇒段落

単文と複文の違い

単文

1つの文の中に述語が1つだけの文

例:今夜は大雨が降るそうです。雨靴を履いていったほうがいいですよ。

複文

1つの文の中に述語が2つ以上ある文

例:今夜は大雨が降るそうなので、雨靴を履いていったほうがいいですよ。

単文を複文にするのに必要な文法形式は?

接続助詞を用いる

代表的な接続助詞

のため から のに けれど が にもかかわらず

接続助詞を用いて、短文を繋げると複文になる。

統語的な難易度は

・構造の複雑さに対応している
・複文を作る接続助詞と名詞修飾節などの修飾要素が増えるほど、文は複雑で難しくなる

実質的な統語分析

品詞と語順

語群:太郎 ドア 閉まる 閉める が を ゆっくり

「ゆっくり」の語順は、述語となる動詞の前であれば、どの位置にも表れることが出来る。

「ゆっくり」を除けば、「閉まる」は1通りの組み合わせしかないが、「閉める」は2通りの組み合わせが可能。

「ゆっくり」のような副詞は、語順の制約が緩やかである。

「ゆっくり」の他、「はっきり」「のんびり」などの動詞の様子を説明する様態副詞(情態副詞)の語順はあまり制約がない。

しかし、同じ副詞でも「程度副詞」は修飾する形容詞などの前にし来ない。

例:とても重いカバン ×重いとてもカバン

「ゆっくり」を除けば「閉まる」は1通りの組み合わせしかないが、「閉める」は2通りの組み合わせが可能。

主語と目的語を持つ他動詞では、主語と目的語の語順は構造的には入替可能である。

例:太郎がドアを閉める ドアを太郎が閉める 後者は協調の意味が加わるなどという意味的な違いはある。

独立した文としては、主語と目的語は動詞の後に来ることはない。

例:×ドアを閉める太郎が

名詞修飾

「限定用法」と「非限定用法」

限定用法

例:100年以上も前に建てられた建物 「100年以上も前に建てられた」という名詞修飾で建物を限定する。

非限定用法

例:100年以上も前に建てられた東京駅 「100年以上も前に建てられた」という名詞修飾は建物を限定する必要はないが補足情報を付け加えられる。

内の関係

文の内にあった要素が修飾される名詞

例:パンを焼く職人 ⇒「職人がパンを焼く」という文の内側に主語「職人」としてあったもの

外の関係

修飾される名詞が、対応する文の内ではなく、外にある名詞修飾

例:パンを焼くにおい ⇒名詞修飾節「(人が)パンを焼く」という文の中に「におい」は存在しない

例文

留学生が読む本⇒限定用法・内の関係

友達と行った沖縄⇒非限定用法・内の関係

子どもが笑っている声⇒限定用法・内の関係

友達から聞いた話⇒限定用法・内の関係

友達が合格した話⇒限定用法・外の関係

複文の種類と接続助詞

順接

例:接続助詞「ので」 ~ので~

逆説

例:接続助詞「けれど」 ~けれど~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です