楽器紹介★ウッドベース編★スズキコントラバスNo.92(鈴木バイオリン)

スズキコントラバスNo.92です。

鈴木コントラバス

スペックは、

スケール:105cm

サイズ:4/4

表板:スプルース
裏板、側板:メイプル合板
ネック:メイプル
指板:エボニー

テールピース:エボナイズ

コントラバスのラベル

このコントラバスは、主に息子が高校のオーケストラ部で使っていました。

よいコンバスだと思います。

弓で弾くと、ボディーの鳴りが良くわかりますね。

今は使わず保管状態です。

バックはこんな感じです。このラウンドバックが好きです!

コントラバスのお腹

駒は、アジャスタブルタイプに交換しました。

コントラバスの駒

このアジャスタブル駒は、とても良いです。

エレキベースをやっていない方は、疑問もなくデフォルトの弦高で弾かれていると思いますが、

エレキベースからウッドベースに持ち替えた時、弦高の高さにビックリすると同時に、

高さ調整が出来ない不便さを感じます。

それで、これに変えました。

多分工房に出すと、かなりの費用になると思い、駒を買って取り付けました。

でも駒の加工はとても大変です。

弦をかける部分のアーチの形状と溝の位置や大きさ深さが微妙です。

基本は元駒を合わせて、同じ形状に削っていきます。

それと意外に難しいのが、ボディーにあてる面の形状。

ボディーにピッタリ密着させるためには、ボディーの微妙な曲面に合わせて削る必要があります。

いつか、もう1本のウッドベースもアジャスタブル駒に交換したいと思っていますので、

その時に手順書記事を書きたいと思います。

また、コントラバスの弦テンションはものすごく強いので、駒の角度によっては湾曲しやすいです。

湾曲し始めると、弦のテンションが、どんどん湾曲する力となり、ますます湾曲します。

なので、時々駒の立ち方をチェックしたほうが良いです。

近々、詳しい内容を記載いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です