楽器紹介★アコースティックギター編★格安中古ヤマハYAMAHA/FG-430A/フォークギター

ヤマハのアコースティックギターFG-430Aです。

中古で購入したものです。

手前のナチュラル色とその奥の黒色いずれもFG-430Aで色違いです。

この機種は中古市場でも本数が豊富で、掘り出し物も多いので2本になってしまいました。

1989年発売のギターで当時の定価は30,000円です。

現在の中古価格は数千円ですので、状態が良ければ新品の1万円のアコギより素材は良いと思います。

YAMAHA-FG-430A

先ずは音をお聴きください。


ヤマハ・アコースティックギターYAMAHA/FG 430A

このギターは2本とも塗装にくすみがあったので安く売られていました。

中古楽器を選ぶとき、外観はあまり気にしません。

ネックの状態に問題がなく(ねじれや元起きや極端な反りがない)トラスロッドが効いて、フレットが残っていれば、あとは何とでもなります。

アコギの場合は、それに加えてトップの膨らみとサドルの状態チェックが必要です。

トップの膨らみは、これくらいの年数になってくると多かれ少なかれあります。

膨らみは弦高に影響します。アコギの弦高はエレキギターのようなブリッジ調整が出来ないですから、サドルを削って低くすることになります。

なので、サドルの高さが残っているかもチェックポイントになります。既に削られていないかということです。

このように、購入後にトラスロッドを回してネックを真っすぐにして、場合によってはサドルを削って、そのギターを理想の状態に調整できるかを見極めて購入を決めます。

FG-430Aネック

あと、ペグについては、この機種は比較的シッカリしたものが付いていますが、ガタがきているものもありますので、購入後にペグ交換が必要になる可能性があります。

ペグはエレキギターと互換性があるものが多いですので、ペグだけで購入するよりも、程度の良いペグが付いたジャンクギターを部品取りとして買ったほうが良い場合もあります。

ちょっと話がそれてしまいましたが、中古市場には安くても素材が良い楽器がたくさんあります。

その個体の良し悪しを見極めてお得に購入し、手を加えて完成させるのも楽しいものです。

中古アコギの購入にあたり、この記事が役立てば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です