おすすめのワイヤレスインターホン!アイホンWL-11取付簡単紹介

ワイヤレスインターホン『アイホンWL-11』を購入し、取付けて使い始めました。
取付がとっても簡単で、使ってみて機能にも満足していますので、この商品の「良いと思う点」と「取付手順」をご紹介します。

良いと思う点

親機(室内機)が移動して使える

電話の子機のようなタイプなので、移動して使えます。
New parent machine

録画出来る

最近の機種は他も同様かもしれませんが、通話した映像が自動的に録画されていて、後で見ることができます。留守中でも、訪問者の姿が記録されているので、帰宅後それを見ることができます。

モニター機能

最近の機種は他も同様かもしれませんが、モニターボタンで外をモニター出来ます。しかも前後左右に見たい方向を移動できます。それを録画もできます。

通信の反応について

これは「良い点」ではないですが、外の映像が映る反応が遅いです。しかし不便に感じるほどではないです。

コスパが高い

この機能で、約1万円(2019年6月時点)は安いと思います。

Amazonさんの商品説明引用

  • 配線工事不要のワイヤレス式
  • セット内容:カメラ付ワイヤレス玄関子機、モニター付ワイヤレス親機(充電台付)各1台
  • サイズ: [カメラ付ワイヤレス玄関子機] 高さ13×幅10×奥行4.2cm、[モニター付ワイヤレス親機] 高さ15×幅5.7×奥行2.7cm、[充電台] 高さ8.8×幅8.4×奥行6.3cm
  • 重量: [カメラ付ワイヤレス玄関子機] 約220g、[モニター付ワイヤレス親機] 約170g(電池パックを含む)
  • 画面表示:2.4型TFTカラー液晶
  • 通話方式:ハンズフリー/プレストーク
  • 録画機能:○(静止画録画 3画面/件、100件分)
  • 最大接続台数:玄関1台、室内1台
  • 電源電圧: [モニター付ワイヤレス親機] DC2.4V(専用ニッケル水素電池)、[カメラ付ワイヤレス玄関子機] 電源電圧:単三形電池×6本(推奨:ニッケル水素電池 容量2500mAh以上)、[充電台] AC100V(50/60Hz)
  • 通信可能距離: 約100m/直線見通し距離(親機と玄関子機の間)

取付手順

交換前の機種

アイホンのHG-1Mを使っていました。玄関子機のスピーカーが壊れたので、今回交換しました。15年使いましたので、耐久性は高かったと思います。

Old outside machine
Old intercom

既存機取外し

玄関子機は2本の通信ケーブルで繋がっていましたので、先端をカットして収縮チューブで絶縁して引っ込めました。そして取付面を清掃。

I removed the outside machine
Mounting surface

玄関子機取付

取付時に気が付いたのですが、『取付ネジ穴幅』が同じ!なのです。ですので新たに穴をあけることなく取付が出来ました。雨が降り始めましたが、本降りになる前に取付を完了しました。
『取付ネジ穴幅』は83.5mmで、調べてみたらパナソニックも同じで、規格のようです。
これが、『取付簡単』のポイントでした。

Installation 2
New intercom

 

以上、ワイヤレスインターホン『アイホンWL-11』のご紹介でした。この情報がお役に立てれば幸いです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です