ウィンドスクリーンの防風効果と音源へ影響検証レポート♪音源有

野外で録音する際に「ボーボー」と入る風の音を防ぐ『ウィンドスクリーン』。その防風効果と音源への影響(こもり等)を実際録音して検証しましたのでレポートします。

検証に使用した機材

レコーダー

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-07MK2-JJ

ウィンドスクリーン

TASCAM ウィンドスクリーン DRシリーズ用 WS-11

以前は価格がとても高かったのですが、安くなりましたので純正品を購入しました。

小型のスイング機能付きサーキュレーター

微風でテストしたのですが、レコーダーとの距離が近い為、「やや強い風」に相当します。

音源

ローランドのベースアンプ MICRO CUBE BASS RX

このアンプに付いている「リズム機能」を使いました。

検証

検証パターン

①ウィンドスクリーン+風

②ウィンドスクリーン+風

③ウィンドスクリーン+風

④ウィンドスクリーン+風

この4パターンで検証しました。

検証録音

こちらをお聴きください。

検証結果

防風効果

大きな防風効果がありました。今回の検証では「やや強い風」でわずかに風の音が入っています。強い風までは防ぎきれませんが、弱い風でしたら完全防風出来ると思われます。

音源への影響

大きな影響はありませんが、高域部(ハイハットの音)が減衰しているように思います。音質の事を考えると、室内で風のない所ではウィンドスクリーンを付けない方が良いと思われます。但しエアコンの風の影響も受けてしまいますので(経験あり)注意しましょう。

TASCAM ウィンドスクリーン DRシリーズ用 WS-11のレビュー

ウィンドスクリーン単体

Wind screen

裏側(ひっくり返すと)

Windscreen back

十分な防風効果があり、今は価格も手ごろになりましたので、タスカムDRシリーズをお使いの方へはおススメです。唯一不便なところは、「録音中」のLEDランプが隠れてしまうところです。

dr-07mkⅡ

以上、ウィンドスクリーンの検証レポートでした。最後までご覧いただき、ありがとうございました。この記事でお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です