三大栄養素のまとめ/タンパク質・脂肪・炭水化物

三大栄養素

三大栄養素は、「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」です。

タンパク質

プロテインともいい、免疫に重要な役割を果たしています。

タンパク質(タンパクしつ、蛋白質protein [ˈproʊtiːn]Protein [proteˈiːn/protain])とは、20種類存在するLアミノ酸状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである[1]

構成するアミノ酸の数や種類、また結合の順序によって種類が異なり、分子量約4000前後のものから、数千万から億単位になるウイルスタンパク質まで多種類が存在する[1]。連結したアミノ酸の個数が少ない場合にはペプチドと言い、これが直線状に連なったものはポリペプチドと呼ばれる[2]ことが多いが、名称の使い分けを決める明確なアミノ酸の個数が決まっているわけではないようである。

引用元:ウィキペディア

脂肪

脂肪は、哺乳類のエネルギー生産に欠かすことのできない栄養素です。消化分解は主に小腸でなされ、脂肪酸とグリセリンに分かれます。

脂質は、炭水化物たんぱく質と共に「三大栄養素」と総称され、多くの生物の栄養素である。この三大栄養素の比率をそれぞれの頭文字をとってPFCバランスという時、英語圏に倣って脂肪(Fat)を用いている。食品中の脂肪と言う時、脂質やその詳細である脂肪酸を指すであろう。常温液体の油脂はを指し、一方で脂肪と呼ぶとき固体のこともある。食品中の脂肪と言う時には、脂質を指し液体と固体の両方を含みうる。自らの体を指して脂肪と言う時、脂肪酸のグリセリンエステルの中性脂肪であることが一般的である。

引用元:ウィキペディア

炭水化物

消化酵素によって、グルコースになりエネルギーとして使われます。肝臓や骨格筋では一時的に貯蔵するためグリコーゲンを合成します。

炭水化物(たんすいかぶつ、carbohydratesKohlenhydrate)または糖質(とうしつ、glucidessaccharides)は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称である。非常に多様な種類があり、天然に存在する有機化合物の中で量が最も多い[1]。有機栄養素のうち炭水化物、たんぱく質脂肪は、多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれている。

栄養学上は炭水化物は糖質と食物繊維の総称として扱われており、消化酵素では分解できずエネルギー源にはなりにくい食物繊維を除いたものを糖質と呼んでいる[2]。三大栄養素のひとつとして炭水化物の語を用いるときは、主に糖質を指す。

引用元:ウィキペディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です