日本語教師の学習/母音と子音

音声・音韻を学ぶ意義・目的

どんな発音が正しいのか?

正しい、誤り、 の基準は?

どこがどのように誤っているのか?

なぜそのような誤りが起きたのか?

目標

学習者が「何を」「どう」間違えたかをきちんと把握し、その誤りに対して、きちんと支援ができること。

誤りの原因を、いわゆる母語の干渉(負の移転)に求めるだけでなく、その「負」を「正」にかえるような何らかの方法を引き出し、具体的な音声指導に結び付けていくこと。

学ぶ時の心構え

暗記だけの机上の音声学・音声記号学にすることなく、口の動きと関連させていくこと。

アクセント

個々の語に決まっている相対的な高さや強さの配列

標準アクセント

拍を単位とする高低2段の高さのアクセント ‾ ‾ ‾

基本的に、1拍目と2拍目とは必ず高さが異なる 1語の中で山(高いところ)は1ヵ所のみ

箸: 

橋: 

端: 

端: 

花: 

鼻: 

明治:イジ

大正:イショウ‾‾‾‾

昭和:ショウワ‾‾ ショウワ

平成:イセイ‾‾‾

令和:イワ‾‾‾ ‾‾イワ

和語(大和言葉)には「ラ行」や「濁音」で始まる語はない

外来語で三拍の語は基本的に

‾‾②③

‾‾レビ ‾‾メラ

発音は同じ?

の発音が違う

マ:唇を閉じている m ⇒Kammma ヘボン式ローマ字

ナ:唇を閉じていない n ⇒Kannnna ヘボン式ローマ字

言語音を作る仕組み

声帯(喉頭)が基本的な音を作る。⇒「発声」

そして、鼻腔と口腔によって様々な音を作り出す。⇒「調音」

喉頭の中に声帯がある その上に咽頭がある

咽喉3

 

息が音になるまで

「肺」⇒「気管」⇒「喉頭」⇒「咽頭」⇒「口腔」と「鼻腔」

「肺」で気流を起こし、「喉頭」で発生し、声道{「咽頭」「口腔」「鼻腔」}で調音する

喉頭における発声

無声音

声帯の振動がなく、息のみで作られる

有声音

声帯の振動音(=声)が加わった息で作られる

無声音:ビタミンシー 声帯の振動がある「シ」の「イ」が発音されている

無声音:(静かに!)シー 声帯の振動がある「シ」の「イ」が発音されず息のみ

調音

母音

息の妨害が無い:声が加わった息を妨害せず口の中(声道)で共鳴させる。有声音のみ。

子音

息の妨害が有る:息を口の中のどこかで妨害して作る。無声音も有声音もある。

五十音図の仮名と日本語の発音(発声)

ァ行

母音 母音は有声音

その他の行

子音+母音 母音の部分は有声音 子音は有声音か無声音か?

濁点

その仮名文字に含まれる子音が「無声音」の場合に、声帯振動を加えて、子音を「有声音」にする記号

つまり、含まれる子音が「有声音」の場合には、濁点をつけられない。

含まれる子音が有声音で濁点無し⇒ナ マヤラワ の行

含まれる子音が無声音⇒カサタ ハ の行

濁点で含まれる子音が有声音になる⇒ガザダ バ の行

半濁音⇒パ の行

「カサタハパ行」の子音が無声子音で、他の行の子音は有声音

母音

母音

母音は声を声道に共鳴させる音なので、息が共鳴する声道の形や大きさにで音が決まる

声道の形を変えるのは=舌の前後の位置

声道の大きさを変えるのは=舌の高さ(開口度)

唇を丸めて突き出すかどうかも声道の形状に影響する(日本語では音の区別には関与しない)

舌の前後の位置

前舌⇒イ エ

中舌⇒

後舌⇒ウ オ

区別なし⇒ア

舌の上下位置(開口度)

高(狭い)⇒イ ウ

中⇒エ オ

低(広い)⇒ア

唇の丸めの有無

円唇⇒

非円唇⇒

イ エ ア オ ウ の順番で下の高さと前後位置が変化していく

母音の舌の位置(答)

母音の特徴

ア:非円唇母音

イ:非円唇母音

ウ:円唇母音 [ɯ]

エ:非円唇母音

オ:円唇母音

母音図

引用元:ウィキペディア

子音

子音は息を妨害して作る音なので、息を妨害する位置と息を妨害する方法で音が決まる。

調音点

息を妨害する位置

上顎=口蓋(こうがい)

歯茎硬口蓋(しけいこうこうがい) 硬口蓋(前側) 軟口蓋(後側) 口蓋垂(のどちんこ)

歯茎硬口蓋

舌が盛り上がり、舌の前のほうが、硬口蓋の前部で、閉鎖・狭めを作る

硬口蓋

舌が盛り上がり、舌の中ほどが、硬口蓋で、閉鎖・狭めを作る

軟口蓋

舌が魅かれ、舌の後部が、軟口蓋で、閉鎖・狭めを作る

歯茎(しけい)

歯茎 後部歯茎 歯茎硬口蓋

舌が平らで舌先が歯茎で閉鎖・狭めを作る ⇒ T S

舌先(舌尖・舌端) 前舌 後舌

両唇(りょうしん)

上下の唇が閉鎖・狭めを作る ⇒パ バ マ

調音器官

引用元:ウィキペディア

調音法

息を妨害する方法

鼻音

口腔を調音点で閉鎖して、鼻腔に有声の息を通す ⇒ハミング、ンー マ行 ナ行 ガ行(鼻濁音)[m][n]

破裂音

口腔を調音点で閉鎖して、息をためて、その後開けて一気に息を出す ⇒カ行 タ テ ト パ行 ガ行 ダ デ ド バ行 [p][b][t][d][k][g]

摩擦音

調音点に狭い隙間を作り、息を吐きながら、音を出す ⇒スー シー フー ヒー ハー サ行 ハ行 ザ行(語中)[s][z]

破擦音

破裂音の直後に、摩擦音が起きて、合成される ⇒ツ行 チ行 ザ行(語頭)

弾き音

舌先で歯茎を軽く1回叩くようにする ⇒ラ行

震え音

調音点で舌などを2回以上震わせる ⇒巻き舌

側面音

舌が呼気の通路の中央を閉鎖し、息が舌の側面から出る ⇒英語のL

半母音

摩擦が起きない程度の隙間を作って、声を響かせて作る接近音のうち、持続しないで、次の音に渡る子音として働く音 ⇒ヤ行 ワ行

口腔断面図での子音の調音点・調音法の見分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です