日本語教師の学習/音韻的対照

音韻的対照

母音

母音の数

日本語:ア イ ウ エ オ の5つ

英語:16~26母音 中国語:6~36母音 韓国語:8~10母音 ベトナム語:11~12母音

日本語の5母音の分布

舌の位置が前か後か、高いか中くらいか低いか イ:前高 エ:前中 ア:中中 オ:後中 ウ:後高

学習者にとって日本語の「母音の発音」は難しいか

日本語より多くの母音を持っているので、それほど困難ではないと言える

しかい、学習者の母音の発音がすべて問題ないわけではない

学習者の母音の発音にみられる問題

舌の高さによる「エとウの曖昧性」

「エ」を発音する際、口の開きが狭いため「イ」のように聞こえる場合がある

例:ペン⇒ピン 行けません⇒行きません 中国語母語話者に見られる

舌の丸めの有無による「ウとオの曖昧性」

「ウ」を発音する際、口の開きが狭いため「オ」のように聞こえる場合がある

例:売る⇒折る する⇒そる 中国語・英語母語話者に見られるが、韓国語とベトナム語話者にはあまり見られない

二重母音

日本語には二重母音がない 例:愛⇒「ア」・「イ」のように2つ分の音として扱う

英語・中国語・韓国語・ベトナム語では二重母音がある 例:愛⇒「ァイ」のように1つの母音として扱う

例:ハイ⇒日本語ではha・i  英語ではhai

意外:igai 痛い:itai 毎年:maitoshi

母音の連続と音の感覚

例:食べたい⇒ta be ta i の4つ分の音が ta be tai のように3つ分の音となる 再開:sa i ka i 4つ sa i kai 3つ

二重母音を持つ言語の母語話者の[ai][ei]など母音が連続する発音は、日本語母語話者には違和感がある発音として聞こえる

長音(長母音)

日本語では2つ分の音として認識される

例:そう⇒ソ・ー 2つ分の音として扱う

英語・中国語・韓国語・ベトナム語では1つの音として認識される

例:そう⇒ソー のように短く1つの音として扱う

高校⇒コ・ー・コ・ー 4つの音 コー・コー 2つの音

制度⇒セード 相談⇒ソーダン

子音

50音図で、同じ子音で発音できない音は?

しsi ちti つtu にni ひhi ふhu をwo

直音・拗音

直音:仮名1文字で示される音。清音と濁音と半濁音がある

拗音:直音のイ段の仮名に、小さいャ・ュ・ョを添えて示される音 きゃ しゃ ぴゃ

清音・濁音・半濁音

濁音:仮名表記で、濁点のある ガ ザ ダ バ 行の音

半濁音:仮名表記で、半濁音のある パ 行の音

清音:濁点、半濁点のない行の音。

日本語の「イ段」の子音

学習者にとって発音し難い音が多い

し ち に ひ

その他の発音し難い日本語の子音

つ ふ ら行 や行 わ

「拍」と「音節」

拍(モーラ)

仮名1文字分に相当する日本語の音の単位

例:しゃ ぎゃ ぴょ ん っ ー

音節

拍とは別の単位で、拍から「ん っ ー」を除いたもの

拍と音節の違いは、「特殊拍(撥音・促音・長音)」

撥音:ん

促音:っ

長音:ー

音の単位

日本語は「拍」による

例:学校⇒4拍

英語・中国語・韓国語・ベトナム語は「音節」

例:学校⇒2音節

「拍」という音の単位は日本語のもので、日本語以外の言語では「音節」が一般的

例:切手を買ってきてください ⇒ きてを かて きて ください

アクセント

日本語:高さアクセント(ピッチアクセント)

英語:強さアクセント(ストレスアクセント)

中国語とベトナム語:音調(高さアクセントの一種)

韓国語:無アクセント

日本語の「高さアクセント」は拍と拍の間で変化する(高低2段しかない)

中国語(北京語)の「音調」は4種類あり、音節の内部で変化する

マー マー マー マー

英語の強さアクセントは強さの位置で意味が変わるものは少ない

日本語:上昇イントネーションは主に疑問・問いかけ・質問を表す 下降イントネーション断定を表す  イントネーションは変わってもアクセントは変わらない (雨? そう、雨)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です