日本語教師の学習/世界と日本/社会・文化・地域に関わる領域

社会・文化・地域に関わる領域

社会・文化・地域

1.世界と日本

日本語教育が必要とされる社会的背景を考えるために、国際社会の実情と日本の関係、日本の社会・文化、学習者と日本との関係を理解する。

必須:世界と日本の社会と文化

2.異文化接触

多様な背景を持つ学習者個々に必要とされる日本語教育を考えるために、学習者が日本語を必要とするに至った経緯や、学習者と周囲との接触の状況を理解する。

必須:日本の在留外国人対策、多文化共生(地域社会における共生)

3.日本語教育の歴史と現状

学習者に適切に接する態度や学習者の背景及び将来を考えるために、日本語教育の歴史や現状、制度を理解する。

必須:日本語教育史、言語政策、日本語の試験、世界と日本の日本語教育事情

言語と社会

4.言語と社会の関係

学習者の円滑な社会生活を実現するために、社会・文化・政策と言語の関係やそれによって生じる言語の有り様、また社会的な行動を支える社会的・文化的習慣について理解する。

必須:社会言語学、言語政策と言葉

5.言語使用と社会

様々な社会的状況において円滑なコミュニケーションを実現するために、社会や集団における言語・非言語行動の様相や方略について理解する。

必須:コミュニケーションストラテジー、待遇・敬意表現、言語・非言語行動

6.異文化コミュニケーションと社会

異なる文化・言語を持つ人々が共存する社会の在り方を考えるために、互いの文化・言語に対する態度や言語を用いた人との関係構築について理解する。

必須:多言語、多文化主義

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です