シゾイドパーソナリティ障害の特徴と診断基準

シゾイドパーソナリティ障害

シゾイドパーソナリティ障害の特徴

原因

未解明

発症時期

主に13歳~24歳ころまでに確認される

有効とされる主な療法

認知行動療法・精神分析療法

シゾイドパーソナリティ障害の特徴と診断基準

基準A

様々な社会的関係からの脱離、対人関係における感情表現が限定的な範囲に留まるなどの以下の特徴のうち4つ以上によって示される。

1.家族を含めあらゆる他者と親密な関係を持ちたいと思わず、それを楽しいと感じていない。

2.ほとんど常に孤立した状態で行動している。

3.他者との性的関係に対する興味がほとんどない。

4.自身が喜びを感じたり、楽しいと思えるような活動が殆ど無い。

5.第一度親族以外には信頼できる他者が存在しない。

6.他者からの賞賛や批判などの評価に対して無関心に見える。

7.感情面の冷淡さや離脱、起伏のない平板な感情状態。

基準B

各種症状の発症原因が他の身体疾患・精神疾患・薬物などの影響では説明できない。

スキゾイドパーソナリティ障害(スキゾイドパーソナリティしょうがい)あるいはシゾイドパーソナリティ障害(シゾイドパーソナリティしょうがい、英語Schizoid personality disorder: SPD)とは、社会的関係への関心の薄さ、感情の平板化、孤独を選ぶ傾向を特徴とする人格障害。

従来は分裂病質人格障害(ぶんれつびょうしつじんかくしょうがい)、統合失調質人格障害(とうごうしっちょうしつ- )、統合失調質パーソナリティ障害とも呼ばれていた。

引用元:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です