日本語教師の学習/誤用分析の意義

誤用分析

誤用分析の意義

日本語学習の習得過程では、その段階に応じて、様々な誤用が現れる。

1.学習者が何をどの程度分かっていて、どこでつまづいているかががわかる。

2.学習者は誤用を産出することで、自分なりのルールの検証や軌道修正を行い、習得を進めていく。

3.母語話者が無意識に使っていることばのルールが明らかになる。

初級レベルの誤用例

あの公園ときれいと大きいです 簡単の作り方から母を教えてもらいました

上級レバルの誤用例

価値観はその人に応じて異なります どうすればいいかは知りかねます

中間言語

学習者の母語と目標言語をつなぐ、段階性を持つ言語体系

初級(前)

椅子 「に が を で から」 座ります ⇒ランダムエラーの段階 ルールがなく思いつくものを選ぶ

初級(中)

椅子 「に が を  から」 座ります ⇒「道具」の「で」は習得している

初級(前)

椅子 「に が  で から」 座ります ⇒一般的な他動詞文は習得している

グローバル・エラーとローカル・エラー

グローバル・エラー

コミュニケーションに支障を来すもので、他の形式にも関わる重大な誤用

ローカル・エラー

規範的な形式ではないが、コミュニケーション上は大きな問題はない誤用

正用:赤ワインを飲みました

誤用1:赤いワインを飲みました ⇒ローカル・エラー

赤い花・赤い傘 などは正用となる可能性が高い

誤用2:赤いのワインを飲みました ⇒グローバル・エラー

イ形容詞+の+名詞 という文法的な誤りが、他の表現でも起こる可能性が高いと考えられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です