楽器紹介★エレキギター編★フェンダーテレキャスターFenderJapan

1990年製フェンダージャパン・テレキャスター

テレキャスター

新品の楽器はめったに買わないのですが、これは当時新品で買いました。

アウトレットで売っていて安かったということもありますが、

当時は日本製のエレキギターが手ごろな価格帯でも材質や作りが良かったと思います。

5万円位でも物が良かったですし、8万クラスはラッカー塗装で贅沢な作りでした。

逆にU.S.A.製が今より高くて買えなかったです。

このテレキャスは定価7万円のものです。ピックアップはFenderUSAで塗装はポリウレタンです。

余談ですが、当時ロサンゼルスの楽器店でFenderUSAとフェンダージャパンが同等の値段で売っていたので店員に「Why・・・・・・?」と質問したら、「・・・difarent・・・」との回答で、アメリカ製と日本製は違うので、比べてどちらが良いというものではない。日本製は作りが丁寧なのが良い。音は好みなのでどちらが良いというものではない。というような内容だったと思います。

その時は、中古のGIibson EB-3を買いました。

ちょっと話がそれましたか、この時代のジャパンはいいと思います。

1980年代はTOKAIというメーカーのフェンダーやギブソンのコピーが良かったですね。

当時プレべのコピー「ハードパンチャー」を持っていました。

今でもTOKAIってありますよね。

さて、

このギターで唯一いじっているところは、テールピースを交換しました。

テレキャスターのブリッジ

オリジナルは、6弦の上の部分が出っ張っていて右手でミュートしながらピッキング出来ないからです。

テレキャス好きな方多いと思いますが、私も好きです。

ルックスも音も魅力的ですねー(^.^)

近々、テレキャスシェイプのベースを紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です