楽器紹介★コントラバス編★オリエンテHB-35特注~ウッドベースでロックを!

10年ほど前にコントラバスをやり始めました。

きっかけは「ビートルズを独自のスタイルで」をコンセプトとしたバンドからです。

ビートルズが大好きで、バンドでビートルズをやってきました。

でもちょっと拘りがあり、「コピーバンド」ではなく「カバーバンド」でありたいのです。

例えば、「ハードロックビートルズ」だったり「ジャズビートルズ」だったりです。

たまたま「アコースティックビートルズ」に参加する機会があり、その時にコントラバスを始めました。

その時に初めて購入したコントラバスがこれです。

オリエンテ-コントラバス

ヤフオクで良いのはないかと探していてめぐり合ったコントラバスです。

前のオーナーがオリエンテに特注で作ってもらったカラーリングです。

ポールのヘフナーとイメージが重なり「これだっ!!!」と決めました。

このカラーリングは他にないと思います。

その後、2本ほどコントラバスを購入し、場所も無かったので、これは手放してしましました。

残っている写真がもう1枚。

オリエンテコントラバス

当時は、エレキと同じピックアップを取り付けてアンプから音を出していましたので、ハウリングがすごく、共振対策でFホールにフィルムを貼っていました。

駒は弦高アジャスタブルタイプで限界まで低くしてありました。

それにしても、エレキベースと比べて弾くのも大変ですが、持ち運びはもっと大変です。

電車はまだよいのですが、バスが大変、タクシーはもっと大変です。助手席を倒してなんとか乗せるのですが、運転手さんが嫌な顔します。

そういえば、安くて良いカートを見つけましたのでまた紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です