AGAコスパ追求!効果のある育毛/発毛タブレットΙプロペシアは高い!

今まで色々な育毛方法を調べ実践してきました。その結果、多少の副作用を理解の上『大きな効果を求める』のであれば、やはり飲む薬・内服薬と思います。

男性型脱毛症の治療について

公益社団法人日本皮膚科学会の「皮膚科Q&A」によると、

Q5男性型脱毛症の治療はどうしますか?

 男性型脱毛症は「病気」というよりは人体の自然現象ですが、若い人では悩むことだと思います。近年様々な研究が進み、有効な治療方法が登場しています。日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインではミノキシジルという成分を含有した外用剤とフィナステリドという内服治療薬が推奨されています。ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を出させる作用があることが分かっています。フィナステリドはII型5α-リダクターゼの作用を抑えて、毛包のミニチュア化を防ぎます(図5)。この内服薬は自費診療、つまり医師の処方箋で購入するもので、内服するかどうか、効果があるかどうかなど、皮膚科専門医に相談することが大切です。図6のように日本人に多い頭頂部の脱毛に効果的です。

図5:男性型脱毛症に対する育毛剤の作用
図5:男性型脱毛症に対する育毛剤の作用
図6:男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法
内服前
図6:男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法:内服前
1年内服後
図6:男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法:1年内服後

引用元 脱毛症 Q5 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

フィナステリドについて

男性型脱毛症診療ガイドラインではフィナステリドという内服治療薬が推奨されています。

とあります。

フィナステリドをウィキペディアで調べてみると、

男性型脱毛症[編集]

DHTによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではないが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められる。日本では2005年12月に万有製薬(現:MSD)から発売された。保険適応ではなく自費治療である。海外では既に60か国以上で承認されている。男性型脱毛症の進行抑制としては、フィナステリドは、98%の人に3年間効果があった。髪が増えてくる人も多く、国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と髪が増える人が経時的に増えていった。また髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することも分かっている。頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点も、従来の育毛剤とは異なる。0.2mgまたは1mg錠を1日1回服用する。なお、必要に応じて適宜増減できるが、1日1mgを上限とする。服用時間は自由である。服用は成人の男性に限られる。女性、未成年は服用できない。女性に対して実施された臨床試験では、効果がないことが確認されている。アメリカ食品医薬品局 (FDA) が認めた男性型脱毛症(いわゆる、若ハゲ)に有効な薬は、このプロペシアとデュタステリドミノキシジル(商品名ロゲインなど)のみである。なお、男性型脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はない。

引用元 フィナステリド – Wikipedia

やはりフィナステリドに効果があることは事実のようです。

フィンペシアについて

日本で処方されるフィナステリドのプロペシアは価格が高いです。最近安くなったといってもまだまだ高いです。

そこで多くの方が購入しているのが『フィンペシア』です。

過去にフィンカーというフィナステリドも試しましたが、今はフィンペシアに落ち着いています。

フィンペシア

フィンペシア通販 | 効果 | 育毛薬(内服) | オオサカ堂

プロペシアと比較にならないほど 安いです。成分は同じです。

私はフィンペシアを5年以上飲み続けていますが、特に副作用はなく、効果のほうも「フサフサ」とまではいきませんが、妻に「前より毛が多くなったね。」と言われます。

(フィンペシアだけの効果ではないと思いますが。)

ミノキシジルタブレットについて

フィナステリドと合わせて服用しているのが『ミノキシジルタブレット』です。

恐らく、育毛薬の中でも『一番効果が高い』と思われます。ただし効き目が強い分副作用のリスクも高いようですので、試される方は慎重に少しづつ服用してみてください。

私は、初回から10mgを飲んだところ、こめかみのあたりがズンズンしてきて少し違和感を感じました。それから量を減らして今は5mg/日を服用しています。実感する副作用としては、体全体の毛が濃くなっています。特に手の甲など自分で見ても明らかに濃くなっています。でも髪の毛も濃くなっているのでかまいません。

これです。

ミノキシジル

ミノキシジルタブレット通販 | 効果 | 育毛薬(内服) | オオサカ堂

オオサカ堂さんの通販サイトから説明を引用しますと、

ミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬です。有効成分のミノキシジルを含有しています。

ミノキシジルタブレットは、血管平滑筋を弛緩させることで、血管を拡げて血圧を下げる薬です。

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルは、血管を拡げることで局所の血流の増加を促し、多毛を生じます。髪の毛をはじめとした体毛が濃くなる場合があります。

発毛剤・育毛剤であるリアップシリーズと同じ有効成分であるミノキシジルを含有したミノキシジルタブレットは、内服の高血圧治療薬です。

とあり、この薬は本来高血圧の薬なのです。

でも、レビューを読むと皆さん発毛薬として購入されており、効き目を感じておられるようです。

私は、10mgを半分にカットして服用しています。ちょっと手間ですが、10mgのほうがかなり割安です。

ピルカット

以上、効果の高い発毛薬を紹介させていただきました。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です