【日本語】~っぽい

~っぽい

動詞・形容詞())・名詞 +っぽい

用法1

形容詞())・名詞 +っぽい

自分がそう感じて(見て・聞いて・さわって・味・におい)判断する時に使います。印象です。

感じて判断すること(主観的)なので、はっきりしていること(本当のこと)には使えない。

「~らしい」と同じ意味ですが、「悪いこと」や「色」に使います。

参考

AはBみたい ⇒ A≠B

AはBらしい ⇒ A=B

AはBっぽい ⇒ 印象・主観

安っぽい

子どもっぽい

大人っぽい

青っぽい

水っぽい(水を多く含む)

風邪っぽい

嘘っぽい

油っぽい(油を多く含む)

夏っぽい

使えない例

高っぽい(良いことだから使えない)

用法2

動詞 +っぽい

よくそうなってしまう、そうしやすいとき使つかいます。(人の性格せいかく

わる状態じょうたい使つかいます。

わすれっぽい(よく忘れるようになった・忘れやすい)

あききっぽい(よく飽きるようになった・飽きやすい)

おこりっぽい(よく怒るようになった・怒りやすい)

※ 人の性格を表す動詞で、くないことは、この3つだけです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です