自己中心性の意味(自己中ジコチューとは異なる)

自己中心性

発達段階の主に前操作期における認知発達上の制約を示す特徴のことです。

自己中心性 (じこちゅうしんせい、egocentrism)とは、自分と他人が区別できないことである。具体的には、主観的スキーマを客観的現実から導くことができないこと、また自分以外の視点を正確に想定・理解することができないことである[1][2]。単に自己中心(じこちゅうしん)、これを強調的に指す場合は自己中心的(じこちゅうしんてき)とも言う。発展した解釈で「利己的な」という意味で使われるが、本来の意味からすると誤りである。自分と異なる価値観があることを理解できずに自己の利益や主張を優先するという点で利己的とは異なる。一般的に「自己中(ジコチュー)」と略され、流行語ではカタカナ表記される。

自己中心性とナルシシズムは類似しているが、同じではない。自己中心者はナルシシストのように、己が注目の中心であると信じているが、実際には他からの称賛による満足は得られていない。利己主義者(エゴイスト)もナルシシストも、他者からの称賛により自我が大きく左右される人々であるが、一方で自己中心者では、そうあることも、そうでないこともある。

自己中心性は、ヒトの生涯全体にわたって見ることができる。幼児期[3]、児童期[4][5]青年期[6]、そして成人期[4][7]で確認される。児童の心の理論自己同一性形成の発達を助けることで、人の認知機能は発達させることができる。

引用元:Wikipedia

自己中(ジコチュー)とは

自己中(ジコチュー)は、「自己中心性」とは異なり、自分と異なる価値観があることを理解できずに自己の利益や主張を優先するという点で利己的という意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です