日本語教師の学習/生成文法

生成文法

1950年代に唱えられた言語理論(生成文法理論・生成言語理論ともいう)N.チェモスキー

日本語、英語、韓国語などの個別の言語的な知識を「個別文法」と呼び、言語の違いに左右されない「普遍文法」と区別する

普遍文法=言語獲得装置(生得的)

プラトンの問題

人間に外科医から与えられる資料は、個別的で量的にも質的にも偏りがあるのに、何故人間はこれほど豊かな知識を共有しているのか、というもの

生得説

人間は生まれながらに、言語を獲得する「言語獲得装置」というべき「普遍文法」を持っていると考える

普遍文法とは何か?

言語は「自律的なもの」なのか?

言語は他の能力から切り離され、自律的に存在しているのではなく、他社との相互作用などの社会的な認知能力と深くかかわっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です