日本語教師の学習/形態論

形態論

形態素

意味を担う最小の単位であり、それ以上分けられない抽象的な単位。形態論の概念で{ }で示される。

例:雨雲⇒{アメ}+{クモ} 筆箱⇒{フデ}+{ハコ}

異形態

同じ意味・機能を持つ形態素が特定の環境・条件によって、具体的に現れたもの。

例:雲{kumo}⇒ kumo と gumo 本⇒ hon bon pon

自由形態素

単独で語になる事が出来る形態素

例:yama kasa ame kumo

拘束形態素

単独で語になることができない形態素

例:お話⇒o 高さ⇒sa 重み⇒mi 不参加⇒fu

語彙的形態素

語彙的な意味を持つもの

文法的形態素

文法的な意味を持つもの

語彙的な意味を持つ「拘束形態素」について

・形態素のうち、語葉的な意味を持つものは、単独で語になれる 「自由形態素」である場合が多い。
具体的な意味内容を持っているということは、語になりやすいからだ。
・しかし、動詞や形容詞など活用のある語の語葉的形態素は、単独では語になりにくい。
・例えば、動詞「食べる」や形容詞「長い」などは一語のように見えるが、形態論的に見れば,それぞれ2つの形態素からできていると言える。
・「食べる」は{tabe)と{ru}の2つの拘東形態素から、「高い」も{taka}と{i}の2つの拘東形態素から成っているのである。
・このように、動詞や形容詞のような活用がある語の形態素は、語葉的形態素であっても、単独では語になりにくい「拘東形態素」が多い。

語基

語を構成する要素のうち、意味的な中核となるもの。

接辞

語基の意味を補ったり、文法的な機能を担ったりするもの。

接辞

接頭辞

「語基(意味の中心)」の前に付くもの。例:非効率的の非

接尾辞

「語基(意味の中心)」の後に付くもの。例:非効率的の的

派生接辞

品詞を変えるなど、ある語から別の語をつくる働きをもつもの。

屈折接辞

テンス(過去)やヴォイス(受身)など文法的機能に関わる働きを持つもの。

異形態の基本的なルール

他の形態素と隣り合う位置でしか変化は起きない。

例:「酒」sakeの場合、甘酒sake 酒屋saka 居酒屋zaka

連濁

形態素の先頭の無声子音sが有声子音zに変化する

転音

形態素の最後の母音eが変化aする

音韻添加

まれに、雨⇒小雨 のように前にsが入る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です