日本語教師の学習/音韻論

音韻論

音素

・ある個別言語において同じ役割・機能をもつ(同じ音として認識される)音声の集合。

・//で表される。発音できない抽象的な単位。

異音

抽象的な音素が具体化したもの。

拍(モーラ)

仮名1文字分に相当する日本語の音の単位

拗音(ようおん):しゃ、ぎゃ、ぴょ

特殊拍

撥音(はつおん):ん

促音:っ(小さい「っ」)

長音(引く音):ー  例:高校(こうこう)⇒こーこー

音節

拍とは別の単位。拍から特殊拍の「ん、っ、ー」を除いたもの。

アクセント

「高」と「低」の2段の高さアクセント(ピッチアクセント)

例:雨、飴、お菓子

イントネーション

文を単位とする声の高さの時間的な変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です