日本語教師の学習/異文化接触/異文化適応

異文化適応

文化とは

ブルックス(Brooks)

高文化

ラージシー C文化 見える文化

人間生活におけるすべての物の中で最良なものといしての文化

例:伝統的な神社仏閣 着物 文学 絵画 建築 料理

低文化(Culture BBV)

スモールシー c文化 見えない文化

人間生活における全てのものとしての文化

例:電車が時間通りに来る 行列に並ぶ 高文化の背後にある考え方

トータカルチャーとサブカルチャー

トータカルチャー

社会が共通して持っている行動様式、習慣、価値観など

サブカルチャー

社会の中のあるグループだけが共通して持っている行動様式、習慣、価値観など

例:性別、地域、世代、民族

カウンターカルチャー:体制に反対する文化

文化の島(カーター/Carter)

意識レベル

物理的産物・行動様式

無意識レベル

考え方・価値観

普遍的レベル

人間生活を維持する基本的レベル 食欲・睡眠など

異文化接触と異文化適応

(自)文化適応(文化化・社会化)

異文化適応:文化変容(アカルチュレーション) 脱文化

シューマン

目標言語集団と一体化したい:文化変容モデル(アカルチュレーション・モデル)

ジャイルズら:ウチ集団とソト集団(目標言語)の帰属意識

ソト集団(目標言語)の帰属意識が高い方が言語習得が早い:アコモデーション理論(適応理論)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です