日本語教師の学習/世界と日本/日本語教育能力検定試験出題内容

日本語教育能力検定試験出題内容

社会・文化・地域

求められる知識・能力

日本や日本の地域社会が関係する国際社会の実情や,国際化に対する日本の国や地方自治体の政策,地域社会の人びとの意識等を考えるために,次のような視点と基礎的な知識を有し,それらと日本語教育の実践とを関連づける能力を有していること。
・国際関係論・文化論・比較文化論的な視点とそれらに関する基礎的知識
・政治的 ・経済的 ・社会的 ・地政学的な視点 とそれらに関する基礎的知 識
・宗教的・民族的・歴史的な視点とそれらに関する基礎的知識

引用元:日本国際教育支援協会オフィシャルサイト

重要ポイント

日本語教育を世界との関係の中で捉えられる

学習方法

最新の時事問題にアンテナを張る その歴史的背景も押さえる

言語と社会

求められる知識・能力

言語教育・言語習得および言語使用と社会との関係を考えるために,次のような視点と基礎的な知識を有し,それらと日本語教育の実践とを関連づける能力を有していること。
・言語教育・言語習得について,広く国際社会の動向からみた国や地域間の関係
から考える視点とそれらに関する基礎的知識
・言語教育・言語習得について,それぞれの社会の政治的・経済的・文化的構
造等との関係から考える視点とそれらに関する基礎的知識
・個々人の言語使用を具体的な社会文化状況の中で考える視点とそれらに関
する基礎的知識

引用元:日本国際教育支援協会オフィシャルサイト

重要ポイント

言葉を社会の中で捉えられるか

学習方法

目にしたことがないモデルが示されたり、新しい用語を使った論文が出されたり知る可能性がある
本質を理解していれば既有の知識で解ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です